いのちをいただく1

Pocket

僕が思う食事

内容が大きすぎるので何回かに分けて投稿します

今回は調味料

さしすせそ

食材の風味を豊かにしより食事が楽しくなる

欠かせない存在

そこをほんの少しこだわるだけで

料理が劇的に変わるし美味しくなる

手をかけなくても美味しくなるから時間も短縮できるし

身体にもいい

そんな調味料選ぶコツは色々あると思うけど簡単なのは

基本的にはパッケージの裏面を見てシンプルな表記のやつがいいと思います

素材だけで勝負できない、大量生産のコストを下げるためにect・・・

本来必要ないものを添加することになるので。

ここを意識するだけで全然変わりますよ。

確かにそういった商品は大量生産にはない手間暇がかかっているので割高に感じたり、大したことないものでもブランディングでそういう風に見せかけていたりするものも巷には溢れているので見つけるまでが大変だったりすることもありますが慣れてしまえば簡単ですしさらに色んな情報が横の繋がりで発見できるようになってきます。

ちなみに昆布(土居の昆布屋さん)、鰹節(タイコウさん)、醤油(丸島醤油株式会社)、塩(土佐のあまみ屋)、味噌(秋田の天狗味噌)の商品はかなりオススメです。

この辺の方がよく仰っている

「素材を超える加工、料理方法はない」

「食はいのちを支えます、安心安全は当たり前。その上で美味しいと思う商品だけを届けています」

本当にそうだと思うしそれは治療も同じだと思う。

基本的な所をおさえていたらあとは味の好みなので自分の舌にあった商品を見つけていきましょう。

 

大阪、谷6にある橋の湯食堂のハッシーはこの辺りめちゃくちゃこだわっていて

安心安全な美味しい料理を出してくれます。

お近くの方はぜひ

 

PS

今年の天然真昆布の漁の時間知っていますか?

2分だったらしいです。

大切にしないとね。

Pocket

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です